fc2ブログ

カブを料理する

20240121_194846.jpg

久しぶりに、吉岡君と会った。

今は会社に寝泊まりしているという。介護しながらの母親も一緒だ。御飯だけ用意して頂き、イベント終わり寄り道的に買って来た「餃子の王将」のブツを持ち込み、食べながらひとしきり話した後に手土産として野菜を頂いた。

以前、野菜を頂いた時と同じように、コレは我が家では、、、という種類が入っていた。

蕪だ。

一旦、玄関に戻される程度に気を使われたが、いや頂きますよと持ち帰る事にした。ピンチはチャンスだ。食べる事すら少ないが、レシピ本やGoogleで検索だ。

今まで、お食事処やレストランでしか、、、という記憶。んまかったのはスープだが、レシピは知らない。煮たり蒸したりされたのも覚えている。ドレにしようか。暑い時期と寒い時期は、やる気がダウンだ。なかなか取り掛かれないのもお約束。

1週間経つ前にと、取り出してみる。新聞紙に包まれ、白と赤、そして葉が見える。

20240127_171616.jpg

よく洗われた白い蕪は小さく美しく。

3つある蕪は、葉元から切り落とし、バラして残る泥を落としながら暫し考える。レシピにあるのはジャガイモと混ぜて拵えるスープだ。残りをどうしよう。葉の柔らかい所と、そうでないところを分け、それぞれ刻んだ。

言い伝えによれば、刻んでふりかけ(ご飯の友)にする部分が柔らかくない方だ。カブの味などはGoogle先生のおかげで理解している。ふりかけ化させるには、ちりめんじゃこのレシピがあった。そんなものは好かんし我が家に無い。鰹節か胡麻かで味付けは醤油系か鶏がらスープの素だろうか。葉の方は炒め物かと鶏肉も出しておいた。味付けは冷蔵庫の調味料から選ぼう。

全ては同時進行。

じゃが芋1つ、カブの実を3つ、皮を剥き適当に刻んで、それぞれをラップに包み、電子レンジで柔らかくなるまで加熱。それから。水を少し入れコンソメを半欠け投入した小鍋で煮る。カブが崩れそうになるのを確かめてから火を止めマッシュする。少し味見でスジがある事に気付き、鍋の中で小さなお玉の底を使い潰すようにしながら筋を取り除き、それを味噌を溶く深めの網に溜め、お玉で圧をかけながら絞った。

美味しい汁など逃さない。

20240127_170601-カブのスープ

このまま味付けをしてソースに出来そうだ。いや、まずはミルクを足してスープか。生クリームが無いから乳臭くなるなと器に移し温め、冷凍パセリと黒コショウなど振った。残りは小さなタッパーに2つ、冷まして冷凍コース。

葉の方と、そうでない方も、とっとと料理だ。

玉子焼き用のフライパンで、鶏脂を温め鶏肉を焼き、程よい所で葉の方を足して炒め、味付けに瓶詰めの「ネギ塩だれ」を。
以前、はくしょんさんに頂いたものだ。賞味期限など気にしない。活躍して頂こう。

そうでない方は、細かく刻んんでおいたので、同じく鶏脂で炒めた後、鶏がらスープの素で味付けし、大量のゴマを投入してみた。コレはなかなかイケる。ご飯の友に最適だ。クセも感じない。なんでも試してみるものだな。いつか大根の捨ててた部分でやってみよう。毎回、勇気が無くて試せなかったアレだ。

20240128_125457.jpg

ハジメテの蕪料理となった。

ほぼほぼ買わない野菜なのだが、頂く分にはウエルカムかも知れない。
赤い方は歯応えがあるらしい。漬物までは行かないが、塩麴の力を借りようと思う。

ありがとう、吉岡君。またひとつ経験値がUPしたようだ。

大阪のイベントのあと、神戸に向かい途中で宝塚へ目指すルートだが、帰りは176号線を辿り、知ってるエリアまで運転した。以前、同じルートで向かったはずだが、全く記憶にない。新しい車で辿った176号線は、夜のドライブに最適であったよ。

かくして、今回も感謝をしながら美味しくご飯を頂けたのです。

一緒に包まれていた大きな白菜も、もうすぐ鍋になりますよと記しておく事にする。

2024.01.29 CHATNOIR
スポンサーサイト



冬コミと95+520

冬コミに当確した。

駐車券は抽選もれした。

、、、また、駐車場問題か。
同人イベントのサークル参加を再開してから、駐車場に縁が薄くなったようで。
駐車場が閉まるまで辿り着けなかったり、申し込みを忘れたり、インテでは閉鎖されてたり、なんか続いてたのもあったりで。

冬コミは、現地集合なお手伝いさんも多かったりなので、隣駅の駐車場まで停めに行って頂いたりが2回、自分でが1回だろうか。
そんな熱量が今は無いので、今回で参加終了って思ってたけど、もうぶっ飛ばして引き篭もりだ。

それでも、サークルチケットは欲しいかな?と、数人のお手伝いさんに声掛けで。
貼り紙置いて来てくれると嬉しいぞ?って、桜花さんへ譲る事に。

ウチの近くまで通う事があるらしい。

20231223_164301-クリスマス的オレンジタルト-520円

指定日がクリスマス・イブイブだしと、ケーキを買ってくれと。
今年は予算の都合でクリスマスケーキをホールでとか無理だなってんで@と。

言ってみるもんだな。
買ってくれるってよ?(わぁいv

時間を決め、「やすらぎSweets処 めるたん 北店」の駐車場を指定。

桜花さん、今回もカミサマに愛されてたようで、お店の近くまで来てからスマホを忘れた事に気づき、いっぺんスタート地点(おうちまで)戻った模様。30-45分で着きますのお知らせで車を出した。

当日は、待ち合わせのケーキ屋の裏に、最近通ってるお野菜の安いスーパーがあるので、そこへ寄ってから。

ハーフサイズ白菜95円だった。
ほくほくと購入。
もうすぐ到着時間だなと移動する。

久しぶりなので、顔を覚えてるか微妙だが、顎の辺りだけ覚えていた(部分かよ)
そもそもニンゲンの顔を覚えられない脳なのだ。
逢えば「こんな顔だったな」くらいまで思い出せるくらいになったから、かなりイイ線行ってる気がする。

20231223_080353.jpg

少し話してケーキ屋さんへ吸い込まれる。
予算は500円までですか!?ってったら、いくらでもいいよと。

いくらでも、、、ダメだろ?
520円のオレンジタルトにした。
絶対おいしい、間違いない。

桜花さんはチョコレートマウンテン的な絞り出しチョコクリームなのを。

暫く話して、ウチで頂きましょうと住所など送ってみる。
便利だ、、、LINEでリンクを送るだけだ。

無事に到着、車庫入れと雑談。

温かいお茶と、冷たいお茶と、暖かい紅茶のどれにする?と聞けば、甘くない温かい紅茶が良いとの事。ふむふむ得意分野だ任せろと、好きな色は青でしたかな?と確認からの青いティーカップなど用意する。

いろんな話をしたね。

夏コミからだから、半年振りか。

ケーキ分くらいの菓子の入った袋に、ペットボトルのお茶も入れ、まぁ、冬コミで渡そうかと思っていたのもあって(ついでにサッポロ一番塩ラーメンも1袋)今後、コミケの参加は考えてない事と、他に拵えたいものがあるので、来年はそれをーとか、そんな話もして。

20231223_150827-ハーフサイズ白菜95円

あぁ、、ここ数年、石など輸入販売してるんだけど、飾ってあった元素キューブを欲しがってなんで、次に逢う時にでもねーって約束をしてみたり、ベランダに置いてるラティスの解体を頼んでみたり。

まだ縁は切れそうにないので一安心。

今まで、累計だと結構な人数が手伝ってくれてたウチのサークル活動、みんな元気でおるんかな?

無駄に長くなったが、最後のコレが一番思う。
コロナ過もあって、余計に思うようになってるのかも知れない。
願わくば、みんな元気であって欲しいものである。

そんな、コミケ以外の近場は参加するんだけどね?記録を今回は書いてみる。

平屋の謎解き

行ったのはハゴヤハウジングセンターの一宮会場。
前回は、春日井会場。
共通点は、web予約での特典に釣られ。

いや、春日井会場のミサワホームは「ミッフィーのでかいバスタオル」に釣られたのもあるが、蔵のある家とゆー文句を知ってたけど見たこと無いよね?ってのから。

蔵は好きだ。

ウチにも改築で窓を塞いだ部屋がある。最初に建てた家は、最初から窓無しの部屋を拵えたくらいだし。

20231220_130828.jpg

蔵のある家は、グッドデザインを頂いてるだけあって、洒落た素敵ハウスだけど吹き抜けとか、大きな空間利用と無駄遣い的な流れが庶民を遠ざける仕様であった。光熱費だけでも将来展望が雲行き怪しく。

肝心の「蔵」はただの物置部屋だった。窓がありエアコン必須の。
隠し部屋にはいいが、節税なのか法の抜け道なのか、魅力はイマイチだった。

蔵って名前が無ければ、印象も良くなりそうな小部屋だ。

だったら欲しい所だ。背も低いので丁度いい。
ちょっぴり、いけ好かない担当のおねーさんは置いといて、まぁ買う気が無い客に対してはこんなものであろう。

20231127_124253-蔵のある家

一宮会場では、住友林業へ。
web予約のアマギフに釣られて目が行ったのだが「平屋特集」とゆー見出しに「なんとなー!?」となり。

平屋、、、そう言えば電柱さんが最近建てたの平屋であった。

平屋は将来的に憧れの建物形式だ。
老人に段差はツライ。出来るだけ減らして行きたくなるとゆーのも周知だ。

上手に躓くようになるのだ。

知ってるぞ。

そして、我が家は3階建てだ。トイレだけは各フロアにあるが、やがて辛い日々となるかも知れないのだ。
さらに、そこは木造住宅がウリであった。木造、、、かつて在った祖母の家が木造の平屋であった。

懐かしい。

もう、行くしかないなと予約してドライブだ。

20231220_165724.jpg

ブランドハウスの木造は巡ったことが無く、外観しか知らなかった。

買うならもっと先になるんだけどって前置きで始めたのに、担当さんの親切な対応と、易しく説明してくれたり質問も受けてくれたり、感謝しか無かった。

聞きたかったのは、メリットよりデメリットで。

やはり最大のデメリットは敷地面積の確保。地価比例で入手もしにくく予算も増えてしまう。暮らしに便利な立地をと望めば避けて通れない。

そして途中で気付く。

どのメーカーも、比較対象として他社ブランドハウスのデーターなど持ってくるものだなと。
マスクの下で苦笑いだ(前回は積水で今回は一条とヘーベルだ)

「熱橋」なる新しい言葉も知った。
頂いた名刺にメモしたほどだ。

こういうのが1つでもあると、嬉しくなってしまう。
知らない世界で興味が伴えばとゆー但し書きが必要だが。

白アリ問題も通気性も整合性も熱伝導もありがとうだ。

20231220_130828-01.jpg

来場特典の受け取りが「インフォメーション」なので定休日。
引き換え期間は長いが、忘れきる前に受け取らねばとドライブ予定に。

くらむさんと内装や間取りも見て回り。
(コレがまたツボるよーな素敵さで+)14番区画を推しだv

どのメーカーも創意工夫をして、しのぎを削っている。

かくしてお高いぞハウスの見学は楽しく終わり、まぁ行ったとしても半年に一度あるか無いかなんだが、好きな分野なのでまた行く事となろう。いつもドライブを兼ねているので、くらむさんと一緒にね?

web予約はコレで3度目だけど、近くを通った時にふらりってのが多い。暮らしのよいヒントを得たりするのが目的だ。

そんな、疫病騒ぎから平日は客なんか見ないよね記録を今回は書いてみる。

お風呂場はラスボス的

1階のお風呂、沸かして入るのは4年ぶりくらいだろうか?

20231211_0943081階お風呂掃除-02

人が住んで無い間、軽いお掃除をしたり排水溝の傷み防止にと、排水だけしてはいたが。

貸してた人が、夏の終わりに退去してしまったので、これをチャンスに変えるべく、前より念入りに1階全体の掃除&磨きを習得するぞと、あちこち触ったりググったり試してみたりしていたが。湯船に浸かりながら自力で補修出来るかな?って箇所も考えてみたり。傷んでるのはこの家を買った時に既にって箇所だけだ。取り替えれないかな?なんとかならんのかな?

ルールとしては「予算をかけない」とゆー所だろうか。
なかなかの縛りである。

前回のお風呂掃除(磨き)
「お風呂掃除と鯛の骨」
http://chatnoir5963.blog98.fc2.com/blog-entry-3561.html

その前の「9月26日で退居」 ※お掃除&磨き作業はココから。
http://chatnoir5963.blog98.fc2.com/blog-entry-3557.html

お風呂に入って数日、普通に掃除をして塗装部分がメラミンスポンジにダケ弱いってトコを学習した。普通のスポンジくらいじゃ落ちない。凄いな。大発見だぞ?(わぁいv

あとは、そっと触りまくりで見えない汚れ探しだ。
メラミンスポンジが装着されたハンドスポンジの平らな面で、水をつけ撫でるように平らな面をチェック。

20231210-1階お風呂掃除-01

抵抗がある箇所は汚れが付いてる。ライトで照らし、反射を見てチェック。小さなメラミンスポンジで細かく円を書くように、こすり落とす。自分には力の要る作業なので、数日かけて少しずつ頑固な汚れを落とす。

浴槽に溜めたままの残り湯(水)で、壁、床(再度)浴槽をメラミンスポンジで。最後に浴槽(お風呂用洗剤使用)は普通のスポンジで。濡れてる間は、見えなくなる汚れがあるので、乾いたらもう一度チェックして汚れを落とす。

メラミンスポンジもだけど、最後は雑巾、、、は、使ってないので、ウエスで水けを拭き取る。
以前と違って、メラミンスポンジを使う時は、安いビニール手袋を装着。

大抵のお掃除道具などは、異界の住人が置いて行ったものなので出費はゼロだ。
今の所、キッチンの窓に貼った目隠しフィルム:1738、シンクの排水溝用の輪っか:108、の2点くらいだろうか?
消耗品の絵の具やパテ、紙やすり、掃除グッズ、はウチに在ったものを使ってるし。

取り敢えず、次にお風呂場が乾いたら、磨きの仕上げだ。それから1階の全体をクイックルワイパーや、灯油なんか置き始めたんで、少し使って軽くなったら2階へ移動だ。1階用のポストも他の荷物も、全部2階へ移動させよう。

20231211_0948531階お風呂掃除-03

そんな、後で補修や磨き掃除に役立つだろう記録を、今回は残してみる。

確定申告準備期間

寒くなると、思い出す。

自分を犠牲にしたつもりで傷付いて離れる人。
相手に与えた傷の深さが、どれほどなのか想像できない人。
繰り返してる事実が、何度目なのか、きっと経緯詳細も思い出せないだろう。
自分がツラいから関係を切るパターン。
でも、寂しくてすがりたくて新しい関係を作る。

悪いとわかってても、酒や賭け事に溺れる依存症と似てる。
自分優先なのは当たり前。

「主役は誰?」

その要因が、障害だったとしても、相手に与えた傷は癒えず、無かった事にはできない。
そして、傷を受けた方は忘れられない。
いじめたヤツより、いじめられた方が忘れないのと同じ。

元々の、人間性が悪いなら話は別だが。

そうは見えなかった。
現代では、よく存在する怯えるように暮らす小さい人間だ。
虚勢を張り、自分に言い聞かせ、人の顔色を窺い、慎重に生きてる「つもり」の。
そんな人間を、沢山見て来た。

風景-樹--2007.11.25-05

痛みを伴う過去、希望の無い未来だとしても、目的を持ち進む姿は美しい。

だが、途中で踏みつけて来たのは「同じ人間」だ。
自他の傷みは理解しているはずだ。
しかし、喉元過ぎて感覚は麻痺だ。

妬み嫉みも免罪符にはならない。
ただただ、罪深い。

それぞれではあるが。
人間は繰り返してしまう。

そして年を重ねていく。
記憶の層は、私の中で密度を増す。
この先も、ずっと。

そんな、冬の日に思う事などそっと書き残してみる。

お風呂掃除と鯛の骨

20231118_153941-1階お風呂掃除-01.jpg

今回は、最後の戦場である「お風呂場」を。

水周り最強の敵、どーやったらコレ落ちるの?ってゆートコだけど、トイレみたいに強アルカリ、強酸なんかが使えない。

キッチンのよーに、金属でも無いし油汚れでもないので重曹も恐ろしくて使えない。

※前回の1階の修繕とお掃除ブログ 「10月26日で退居」
>> http://chatnoir5963.blog98.fc2.com/blog-entry-3557.html

※キッチンの油汚れと、窓から丸見えなのヤだから目隠しシートを貼ったり、壁や天井下の釘穴を塞いだり、壁紙の破れを目立たなくしたり、ワックス掛けまくったり。

軽いお掃除なら、お風呂用の洗剤が出てるけど、ミニミニさんも「落ちない、、、」って悲しげな声を上げていた場所だ。

落ちないとゆーか、それは床の変色なのでは?

20231118_153941-1階お風呂掃除-02.jpg

前の持ち主が漂白剤でもぶちまけたのだろう。和室の縁側は、どーだったのか記憶がないが、お風呂場の床は白くなってた気がする。壁の下側には錆が出て浮いている。まぁ、そーでもなきゃ即売れしてて買えないよね。

高いぞハウスなベーベルさんめ。

安くはなかったのだが、この1階のお風呂場以外は全部綺麗であった。

なので「最後の戦場」なのだ。

カルシウムや皮脂なのかな?と思われる床や蛇口付近、床から跳ねて汚れまくる浴槽の外側などはメラミンスポンジを。

もう、その白いの結晶化してやがるな?みたいなのは、爪でカリカリしたら削れたので「こんな事もあろうかと」とっておいた鯛の骨(頭部)で削ってみた。薄っすら傷が付いた部分は、紙やすり:7000番の出番となった。

20231118_153941-1階お風呂掃除-04.jpg

前回は、ミニミニさんが悲鳴、、、うん、私には無理だろって最初から諦めていたが、無い知恵を絞る秋の日。

縁側はリキテックス絵の具の魔法を使ったが、お風呂の床では剥がれてしまう。

さてどうしようと考えながら、家の中の画材的な素材を浚うように一度脳内を巡らせてみた。

あぁ、、もしかしてポスカ使えるんじゃね?

随分前に使いまくった黒のポスカは、一度固まると難儀なほど落ちないインクであった。退色も遅い。きっとイイ仕事を、、、って、ウチにある7本のポスカは瀕死であった。そうだな、あの絵を描いたの20年くらい前じゃん、、、よく持ってたな?

まぁ、色を落ち着かせるべく、ぺてぺて押す為の強めな紙も用意して、瀕死のポスカで白く変色した部分を点描的に埋めてみた。

、、、イケる。

、、、イケそうですよ?

少し試したところを、水洗いしてみたが、大丈夫そうであった。

20231118_153941-1階お風呂掃除-03.jpg

耐用年数は不明だが、全部掃除が終わったらお風呂を沸かして入ってみよう。

つるりを色が抜けてしまったら、ハイそれまでぇよ?

ってなんない事を祈りながら、今回は写真を添えて記録してみるのであった。

24日が誕生日だったのです

✨💐🎂お誕生日です!🎂💐✨
✨🎁ほしい物リストです!🎁✨
https://www.amazon.co.jp/hz/wishlist/ls/OF9N4T9ZH7PG?type=wishlist&filter=all&sort=priority&viewType=list

★☆★

2023.10.24 (个ω个) 無事に誕生日を迎え。

22日に、弾丸移動的に京都での同人イベントへ参加し、へとへとの翌日とか、まだ回復せずだったけど、朝、フェンスの件で業者が来るってんで、立ち合いの為ちゃんと着替えてね?

それが済んだら買い物コース。

まずは給油から。京都往復でカツカツなのもあり。

それからフィール、ラ・ムーとスーパーを巡り、お魚と野菜を調達。

一度帰宅で、冷蔵庫経由の再度GO!で、お肉やケーキを買いに出かけ。

誕生日ケーキ

そうか、前回は2つ買ってほくほくとしたなとか、今回はホールもいいなケーキ屋のおねーさんと話してみるなど。

ココは、プレートに名前でも書いて貰うべきか?

そーいうの、したこと無かったなとかあったとしても忘れてるよなと。

そんな家庭に育ってないので謎だが、くらむさんも祝ってくれるだろうし、乗せてもらうかと名前を告げる。

誕生日ケーキ-02

疲れが残ってたので、帰宅後眠ってしまうだろう。

いや、ケーキを半分は頂いておこう。

生クリームの寿命は短い。

きっと早朝に拵えたものだろう、しぼむ前に出して、くらむさんの目がきらきらするのを眺めねば。

フォークで、ほじって頬張ろう。そう思って帰宅した。

もりもり頂いた半分ケーキも眠気を増長させたので、一旦寝て起きてからの料理である。

バルサミコ酢

今回初めてバルサミコ酢を買ってみた。

なるほど、価格はピンキリである。

ハジメテなので、よく見るメーカーが一枚噛んでるのを選んだ。それしか無かった。

ポワレだけは作るまいと思っていたが、疫病騒ぎが長すぎてそれどころではない。まぁ、最初はこんなもんだろくらいの出来になるが、仕方がない。何事も慣れだ。少しばかり基本のレシピを検索し、バルサミコソースのレシピもついでに調べた。

※バルサミコ酢に、残り蜂蜜、砂糖、味醂、赤ワイン。魚を焼いたフライパンで煮飛ばしてね?
残ってたオイリーなニンニクと、最後にバターでソースを拵え、軽くかけて頂いたのです(美味しv

あり合わせで拵える料理こそが「家庭料理」だ。

つまり、食材は足らずであった。

まぁまぁの出来になる程度には、冷凍庫の魔法が役に立った。

20231025_022654.jpg

好きなものだけを並べ、美味しく頂いた。

彩りが足りないが、インスタ女子とは人種が違う。

大きな黒鯛も、創意工夫で戦いながら、キッチンバサミも参加で3つに切り分けだ。

盛り付けだけは、ちゃんとしよう。塩バターフランスも買っておいたが、寝起きだったせいかさほど消費せず終わった。

まぁ、翌日かなり消費したので吉とする。

食材-黒鯛

小洒落た料理を拵えると、必ずと言っていいほど盛り付け以外の料理が余る。

そんなものは翌日、全部頂いてしまうのだが、3つ目のお魚と、キノコ類、茄子がその状態だ。

世の「映え」を狙う陽キャな人種は、どうしているのだろう?と頭を過る。

美味しく出来てるので、翌日の夜に豆腐料理と一緒に頂いた。

魚は好物である。

去年は、お肉料理だったので、順番と思えば次回がお肉料理になるであろう。

推しのお肉屋さんも見付けたしね?

そんな、忙しいけど美味しく過ごしましたよBirthday記録を、今回は書いてみる。
プロフィール

しゃのわぁる(CHATNOIR)

Author:しゃのわぁる(CHATNOIR)
H.N(P.N兼用)
意味はフランス語で黒い猫。
モンマルトルの文学カフェ
「Le Chat Noir」
モトはココの店の名前から。

何も出来ないかもしれませんが、何かしたいと足掻くのも良いかと、世界の全てを受け入れ、最後には全拒否予定。

毒舌も鬱も良し悪しのいろんな側面と記憶や内面を、いつもの私と違う様に見える部分も時々は書いて行く予定 (mixiの容量が多くなってきたので引越し)
★当方制作物の無断複製、転載、AI学習、全てお断りしております

フリーエリア
カテゴリー
月別アーカイブ
最近のコメント
FC2カウンター
ブログ内検索
ついったー
CHATNOIR961
RSSフィード
リンク